【神尾寿のアンプラグド特別編】iPhone 3Gが扉を開けた!? 国内携帯市場のボーダレス化(後編)

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【神尾寿のアンプラグド特別編】iPhone 3Gが扉を開けた!? 国内携帯市場のボーダレス化(後編)
  • 【神尾寿のアンプラグド特別編】iPhone 3Gが扉を開けた!? 国内携帯市場のボーダレス化(後編)
  • 【神尾寿のアンプラグド特別編】iPhone 3Gが扉を開けた!? 国内携帯市場のボーダレス化(後編)
  • 【神尾寿のアンプラグド特別編】iPhone 3Gが扉を開けた!? 国内携帯市場のボーダレス化(後編)
  • 【神尾寿のアンプラグド特別編】iPhone 3Gが扉を開けた!? 国内携帯市場のボーダレス化(後編)
  • 【神尾寿のアンプラグド特別編】iPhone 3Gが扉を開けた!? 国内携帯市場のボーダレス化(後編)
  • 【神尾寿のアンプラグド特別編】iPhone 3Gが扉を開けた!? 国内携帯市場のボーダレス化(後編)
  • 【神尾寿のアンプラグド特別編】iPhone 3Gが扉を開けた!? 国内携帯市場のボーダレス化(後編)
  • 【神尾寿のアンプラグド特別編】iPhone 3Gが扉を開けた!? 国内携帯市場のボーダレス化(後編)
◆ワイヤレスジャパンに見る中韓勢の“勢い”

7月22日から24日まで開催された「ワイヤレスジャパン2008」。毎年秋に開催されるIT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN」に比べると規模は小さいが、ワイヤレスジャパンはモバイルに特化した密度の高いものものだ。今年はこの会場において、ひとつの異変が見られた。それは展示ブースの広さや、会期中の各種広告に見られる中韓勢の“勢い”である。

それが最も顕著だったのは、ドコモブースを取りまく一角においてだ。ここは例年、NTTドコモが巨大ブースを構えて、それに従うように国内メーカー各社がブースを設置する場所。しかし今年は様相が異なった。ドコモの正面に、ドコモに負けない規模で巨大ブースを構えたのは、韓国のサムスン(Samsung)電子だったのだ。

ワイヤレスジャパンに出展したある企業の幹部によると、サムソンの出展はかなり強引なものだったという。

「開催の直前になって、サムスン側から展示ブースの規模を倍にしたいという申し入れがあったそうですよ。主催者側は調整にずいぶんと苦労したようです」(出展会社幹部)

ブースの規模では、NECや富士通など名だたる日本メーカーを上まわる。しかも“ドコモの正面”という立地は、否応なく人々の目に付く場所だ。サムスンはグローバルではノキアやモトローラの向こうを張る携帯電話メーカーだが、日本市場でのシェアは10%未満。「海外メーカー製のケータイは売れない」(販売会社幹部)といわれる日本で、これだけ大々的な出展を行うのは異例のことだ。

「サムスン電子は年間で約330機種(各国向け仕様変更も含む)を発売し、2008年にはグローバルで2億台の販売規模を目指しています。日本市場も重視しており、(キャリアサービスやワンセグなど)日本独自サービスへの対応も含めて、様々な検討をしているところです」(サムスン電子幹部)

ブースでは同社のフラッグシップである「OMNIA」を中心に実機を積極的に展示。OMNIAは年内にも日本で発売される見込みであり、サムスンのスタッフが熱心に日本人の声を聞く姿が目立った。
《神尾寿》

編集部おすすめのニュース

特集