【スバル エクシーガ 発表】スポーティさと開放感を両立したインテリア

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル エクシーガ 発表】スポーティさと開放感を両立したインテリア
  • 【スバル エクシーガ 発表】スポーティさと開放感を両立したインテリア
  • 【スバル エクシーガ 発表】スポーティさと開放感を両立したインテリア
  • 【スバル エクシーガ 発表】スポーティさと開放感を両立したインテリア
  • 【スバル エクシーガ 発表】スポーティさと開放感を両立したインテリア
  • 【スバル エクシーガ 発表】スポーティさと開放感を両立したインテリア
富士重工業が発表したスバル『エクシーガ』、スバル商品企画本部 プロジェクトゼネラルマネージャー大雲浩哉さんは「エクシーガのインテリアは操作系や質感にもこだわりながら、開放感のあるデザインを目指しました」と語る。

エクシーガのインテリアは、スバルらしいスポーティさとミニバンに必要とされる開放感を両立させることに成功している。

大雲さんは「インパネのデザインは、前席パッセンジャーの前は広大なスペースをとることができ、そのうえでエアコンやオーディオのスイッチなどは手の届きやすい場所に配置することが可能なので、室内の開放感を高めることができます」

「また、Aピラー形状の最適化やじゅうぶんなウインド面積を確保したことにより、運転席からの視界はミニバンを感じさせない優れたものになっています。そのため女性でも運転がしやすいと感じていただけるでしょう」とコメント。

エクシーガに採用されたインパネの基本デザインは『インプレッサ』や『フォレスター』と共通で、ミニバンで主流のインパネシフトでなくフロアシフトを採用してドライバーが走りに集中できる環境を整えている。

そのいっぽうでミニバンに適した装備として、助手席前にオープントレイを設けたり、足踏み式パーキングブレーキなどを採用している。また、Aピラーの角度が立っているので、死角が少なく前方の視界が良好なのも魅力だ。

エクシーガのインテリアはウォークスルーができないといった弱点もあるが、優れた視界と開放感が確保されているので、女性やミニバンを初めて買うような人にも馴染みやすいデザインに仕上がっているといえる。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集