スズキが新型燃料電池車 SX4-FCV を開発、公道走行試験へ

エコカー 燃費

スズキが新型燃料電池車 SX4-FCV を開発、公道走行試験へ
  • スズキが新型燃料電池車 SX4-FCV を開発、公道走行試験へ
スズキは、燃料電池車『SX4-FCV』を開発し、このたび国土交通大臣認定を取得した。

スズキは2001年から燃料電池車をゼネラルモーターズ社(GM)と共同開発し、これまでに燃料電池軽自動車3台の大臣認定を取得して公道での試験走行を重ねてきた。

新開発のSX4-FCVは、小型車「SX4」をベースに、GM製の高性能燃料電池に、スズキが開発した70MPaの高圧水素タンクと、制動時のエネルギー回収や加速時の燃料電池負荷を軽減する軽量・コンパクトなキャパシターを搭載、走行性能を従来の燃料電池車よりも向上させた。スズキはこの車両の公道試験で得られるデータを収集し実用化に向けた開発を進めていく。

同社は7月7日から開催される「北海道洞爺湖サミット」への協力の一環として、国際メディアセンターに設置される次世代自動車の展示・試乗コーナー「環境ショーケース」にSX4-FCVを出展する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集