オークネット5月…クラウン がトップを堅持

自動車 ビジネス 企業動向

オークネットは、5月のオークネットTVオークションにおける成約台数を集計し、タイプ別ランキングベスト10をまとめた。

国産車部門は、第1位が前月と同じくトヨタ『クラウン』セダンで、2位は前月4位からランクアップしたスバル『レガシィツーリングワゴン』4WDだった。3位はトヨタ『セルシオ』。トヨタ『アルファード』は20ポイント近く成約率を上げランク圏外から7位にランクインした。

軽自動車部門は、1位がホンダ『ライフ』、2位がダイハツ『ムーヴ』、3位がスズキ『ワゴンR』と前月と同じ。ホンダの『ライフ』は6か月連続で1位を維持している。5位のホンダ『ゼスト』は、出品台数を増やし38位から急上昇、ランクインした。6位のスバル『ステラ』も出品台数は減ったものの応札の勢いは良く引き続き高い成約率を維持している。

輸入車部門は、1位がBMW『3シリーズ』セダン、2位がメルセデスベンツ『Sクラス』、3位がメルセデスベンツ『Eクラス』セダンという結果となった。7位のフォルクスワーゲンの『ニュービートル』は成約率を15ポイント上げて前回9位からランクアップした。8位のアウディ『A4』はセダン、ワゴンに勢いを取り戻し前回の16位から順位を上げてきた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集