【リコール】ホンダ ライフ など14万2000台、エアバッグが展開しないおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ ライフ(2008年)
  • ホンダ ライフ(2008年)
  • 改善箇所
ホンダは4月7日、軽自動車『ライフ』などのエアバッグインフレータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『ライフ』と『アクティ』の2車種で、2010年6月28日~2012年10月18日に製造された14万2679台。および対象部品が修理で組み込まれた458台。

運転者席側SRSエアバッグインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤を燃焼させる伝火薬が不適切なため、衝突時にガス発生剤が燃焼しないものがある。そのため、エアバッグが正常に展開しないおそれがある。

不具合は1件発生、事故も1件発生している。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集