三菱ふそう、新安全技術のコンセプトモデルを開発

エコカー 燃費

三菱ふそう、新安全技術のコンセプトモデルを開発
  • 三菱ふそう、新安全技術のコンセプトモデルを開発
三菱ふそうトラック・バスは、同社の安全技術のシンボルとして、大型トラックの新型『スーパーグレート』をベースにしたセーフティコンセプトモデル「セーフティ・トラック」を開発した。

セーフティ・トラックは、近い将来商品化が予定されている衝突被害軽減ブレーキ「AMB」(Active Mitigation Brake)と、車両挙動安定装置「ESP」(Electronic Stability Progra)を搭載した。

すでに実用化されている運転注意力モニター「MDAS‐III」を初めとする様々なアクティブセーフティ技術のほか、運転席エアバッグや衝撃吸収キャブなどのパッシブセーフティ技術もふんだんに取り入れている。

すでに実用化している安全技術と、「AMB」や「ESP」など新しいアクティブセーフティ技術を融合した。

同社では、事故を起こした場合に被害が大きくなりやすいトラックとバスは、事故を未然に防ぐアクティブセーフティ(予防安全)技術が特に重要な分野であるとしている。今回のセーフティ・トラックは、事故の芽は可能な限り早期に摘みとることが大切であると考えから開発した。

今後も「より早い段階でのアクティブセーフティ」を基本方針として開発・実用化に注力する方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集