【F1カナダGP】決勝…予測不能の結果

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【F1カナダGP】決勝…予測不能の結果
  • 【F1カナダGP】決勝…予測不能の結果
  • 【F1カナダGP】決勝…予測不能の結果
  • 【F1カナダGP】決勝…予測不能の結果
  • 【F1カナダGP】決勝…予測不能の結果
  • 【F1カナダGP】決勝…予測不能の結果
  • 【F1カナダGP】決勝…予測不能の結果
北米大陸に移動して行われたF1カナダGP。8日の決勝レースはハプニングが続出する予測不能の結果となた。

前日の予選を制したのは、前戦を制して勢いに乗るマクラーレンのルイス・ハミルトン。ロバート・クビサ(BMWザウバー)がフロントロウに並び、キミ・ライコネン(フェラーリ)とフェルナンド・アロンソ(ルノー)が2列目に続いた。

スタートは混乱もなく序盤は落ち着いた展開が続いたが、15周目トラブルでストップしたエイドリアン・スーティルのマシンを撤去するために17周目にセーフティーカーが入る。ピットレーンがオープンになると多くのマシンが続々とピットイン。ピットの出口に並んでいたハミルトンがライコネンに追突し、両者ともにリタイア。

1ストップ作戦を獲ったチームメイト、ニック・ハイドフェルドを抜いたクビサはその後トップを快走し、そのままゴール。昨年大クラッシュを経験したカナダGPで待望の初優勝を飾った。

ハイドフェルドも2位に入り、BMWザウバーは待ちに待った初勝利を1-2フィニッシュという最高の形で実現した。3位には1ストップで着実なレースを戦ったベテランのデビッド・クルサード(レッドブル)が入り嬉しい今季初ポイント。

以下、4位にはトヨタのティモ・グロックが入り、こちらも念願の初入賞を果たした。5位はフェラーリのフェリペ・マッサ。6位にはヤルノ・トゥルーリが入り、トヨタはダブル入賞。ルーベンス・バリケロも7位で2ポイントをマークし、モナコに続き2戦連続のポイント獲得を果たした。

今回の結果により、クビサが42ポイントとドライバーズチャンピオンシップの暫定リーダーとなっている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集