【ダイハツDOPナビ08】さらにお得な価格を実現するプランも

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【ダイハツDOPナビ08】さらにお得な価格を実現するプランも
  • 【ダイハツDOPナビ08】さらにお得な価格を実現するプランも
  • 【ダイハツDOPナビ08】さらにお得な価格を実現するプランも
ダイハツDOPナビ2008年モデルのうち、ダイハツオリジナルとなる『NHZN-W58』と『NHDC-W58』は車両発注時にナビを含めてオーダーすることで、価格が通常よりも大幅に安くなる販売促進プランが設定されている。

それは「オーディオレスオプション車対象特別割引制度」と呼ばれるもの。社内的には「特割」と短縮形で呼ばれているようだ。

これは新車を発注する際、オーディオを“レスオプション”に設定。さらにNHZN-W58かNHDC-W58を合わせて注文すると、ナビ自体の価格が最大2万6250円安くなるというプラン。オーディオのレスオプションを選択すると、車両価格から2万1000円マイナスとなるため、この二つを合わせると最大値で4万7250円お得になる。

地デジ・フルセグチューナーを内蔵するNHZN-W58の価格は24万6750円だが、特割を適用すると19万9500円となり、なんと20万円を切ることに。「地デジ込みで20万円を切るならば純正ナビを買う」というアンケート結果もあるそうで、これはダイハツとしても非常に戦略的な価格設定だという。

興味深いのはNHDC-W58に別売の地デジ・フルセグチューナーを組み合わせ、それに特割を適用したときの価格。NHDC-W58の特割額は1万500円で、この場合の価格は25万5150円。NHZN-W58を定価(24万6750円)で購入した場合ほとんど差がなくなってくる。NHDC-W58はワイドVGAなのでフルセグ視聴時の画質にも優れている。

NHZN-W58を定価で購入したと思ってNHDC-W58+地デジチューナーを買い、VGAモニターでフルセグ画質を堪能するか。それとも「現実的なチョイス」で20万円を切っているNHZN-W58を購入するのか。そんな選択に悩むのもまた楽しいだろう。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集