ホンダ カブ シリーズが累計6000万台達成…誕生50周年

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ カブ シリーズが累計6000万台達成…誕生50周年
  • ホンダ カブ シリーズが累計6000万台達成…誕生50周年
  • ホンダ カブ シリーズが累計6000万台達成…誕生50周年
  • ホンダ カブ シリーズが累計6000万台達成…誕生50周年
ホンダは、二輪車の「カブ」シリーズが世界生産累計台数で、2008年4月末に6000万台を達成したと発表した。初代『スーパーカブC100』が1958年に日本で発売されてから今年8月で発売50周年を迎える。

「カブ」シリーズは、ビジネスバイクとしてはもとより生活に密着したモデルとして、現在、世界15か国で現地生産されている。

初代「スーパーカブC100」は、当時2ストロークエンジンが主流の中、経済性、耐久性に優れた画期的な高性能50cc4ストロークエンジンを搭載し、乗り降りが容易にできる低床バックボーンフレームや、クラッチ操作がいらない、自動遠心クラッチシステムを採用し、足元への泥はねや走行風を軽減させる大型の樹脂製のレッグシールドを装備するなど独創的で斬新なデザインを実現。

以来、基本設計・基本コンセプトは変わらず、その独自のスタイルは現在も受け継がれている。また、アジアなど海外では各国の文化や多様化していくユーザーのニーズに合わせて「カブ」シリーズを展開している。

「スーパーカブ」は1959年に米国に輸出を開始、海外生産は1961年に台湾でのノックダウン生産を開始し、以後「需要のあるところで生産する」という基本理念に基づいて世界各地で現地生産を開始している。
《》

編集部おすすめのニュース

特集