三愛石油、ヒマワリ油を原料にした軽油を販売

エコカー 燃費

三愛石油は、三井物産の協力を得て、三愛石油のグループ会社である東京三愛石油が運営する給油所で、バイオディーゼルフュエルを5%混合した「B-5軽油」の試験販売を開始すると発表した。

今回販売するB-5軽油の原料となるバイオディーゼルフュエルには、三井物産が仲介し、筑波大学のベンチャー企業サンケアフューエルスが製造するヒマワリ油由来の100%の未使用植物油を使用する予定。これは国内で製造される高品質なもので、一般販売用としては日本初の試みとなる。

一般の軽油に5%分の未使用ヒマワリ油原料を混和したB-5軽油は、5月の第3週から1か月間、東京三愛石油の山梨県富士吉田市にあるオブリステーション河口湖で販売する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集