【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】サイドビューはデザイナーのこだわり

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】サイドビューはデザイナーのこだわり
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】サイドビューはデザイナーのこだわり
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】サイドビューはデザイナーのこだわり
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】サイドビューはデザイナーのこだわり
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】サイドビューはデザイナーのこだわり
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】サイドビューはデザイナーのこだわり
トヨタの新型ミニバン『アルファード』/『ヴェルファイア』のサイドビューは、個性的なデザインに仕上がっている。とくにフロントドアとBピラーの造形はユニークだ。

フロントドアの上部は曲線的にデザインされており、直線的なスライドドアとの連続性を断ち切っているように見える。ミニバンの中でほかのクルマと差別化を図るのが難しいサイドビューのデザイン。1BOXタイプだと全体的なフォルムは決まっているので、オリジナリティを表現するのはデザイナーの腕の見せどころだ。

アルファードとヴェルファイアの開発を担当した商品企画本部の岩月明さんは「サイドビューはデザイナーがこだわりをもってデザインした場所です。特徴的なウインドグラフィックを採用することで、新しさを感じさせてくれると思います」

「ほかにもホイールフレアを張り出させ、メリハリのあるドア断面を組み合わせることでサイドビューの躍動感を演出しています」とコメント。

確かにアルファード&ヴェルファイアのサイドビューには、踏ん張り感のある面が強調されたフェンダーラインが採用されており躍動感が高い。そしてユニークなフロントドアのラインも、ひと目で新型アルファードとわかるアイコンを作り上げている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集