【プジョー 308 日本発表】排気量を縮小したエンジン

自動車 ニューモデル 新型車

【プジョー 308 日本発表】排気量を縮小したエンジン
  • 【プジョー 308 日本発表】排気量を縮小したエンジン
  • 【プジョー 308 日本発表】排気量を縮小したエンジン
  • 【プジョー 308 日本発表】排気量を縮小したエンジン
  • 【プジョー 308 日本発表】排気量を縮小したエンジン
  • 【プジョー 308 日本発表】排気量を縮小したエンジン
  • 【プジョー 308 日本発表】排気量を縮小したエンジン
  • 【プジョー 308 日本発表】排気量を縮小したエンジン
日本市場にも導入開始されたプジョー『308』には、前身となる『307』では主力だった2リットルエンジンは設定されずに、すべて1.6リットルのターボが設定されている。

これはVWなどと同じように、排気量を縮小した過給器付きエンジンを採用することで、高トルクと燃費を両立することが狙いだ。

308に設定される2種類のエンジンはすでに『207』にも搭載されて日本市場にも導入済みだが、308では初めて4速ATと6速MTの組み合わせが登場した。

プジョージャポン広報担当者によると「『プレミアム』と『シエロ』に搭載されている140psの1.6リットルターボは207GT(5MT)と共通のエンジンですが、308では4速ATと組み合わせています。そのため最高出力は207GTよりも10ps低い数値となっていますが、ATに合わせたトルク特性に変更されています」

「また、『308GTi』に搭載される175ps仕様のターボエンジンも基本的には『207GTi』(5MT)と共通ですが、308では6速MTを組み合わせていますので、より走る楽しみを味わえるでしょう」とコメント。

これらのエンジンはBMWと共同開発されたユニットで、GTiに搭載される175psのエンジンは『MINIクーパーS』と同じスペックだ。ただし207GTiでは5速MTだったので、MINIよりも性能的に格下の感が否めなかったが、308は6速MTとなりMINIと同じような乗りやすさを得ているに違いない。

また、207GTに搭載されていた140ps仕様のターボも、低回転域のトルクが太いのでATとの相性がよさそうだ。最近の欧州では排気量を縮小して過給器を組み合わせるのがトレンドとなりつつあるが、308もその流れに沿った最新のエンジンを搭載している。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集