【試乗記】スバル フォレスター…下野康史

試乗記 国産車
【試乗記】スバル フォレスター…下野康史
  • 【試乗記】スバル フォレスター…下野康史
外観の印象も含めて「インプレッサのライトクロカン」的なキャラクターに生まれ変わった3代目『フォレスター』。実際乗っても、ちょっとアイポイントの高い『インプレッサ』という感じ。

パワーを求めるなら、当然、ターボだが、2リッターの自然吸気でもけっこうよく走る。乗り心地もインプレッサ(WRX STI以外)に似て、ストローク感のある快適なものだ。

このクラスのSUVは、日産『デュアリス』やホンダ『CR-X』あたりを筆頭に、いまやなかなかバラエティ豊かで粒ぞろいだが、そのなかでフォレスターの個性としてあげたいのは、やはり“水平対向エンジンの味”である。

一時、消えかけた特徴的なボクサー・サウンドが還ってきた。スバルはこうでなくっちゃ。ただ、内装材や接着剤などの共用化が進んでいるとみえ、最近のスバルがトヨタと同じニオイ(車内臭)を漂わせるようになったのはザンネン。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


下野康史| モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。
《下野康史》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース