マツダ、広島でのITS公道試験に参画

自動車 テクノロジー ITS

マツダは、広島地区の産学官共同で、1月下旬から約1か月間、ITS車載器やドライブレコーダーを搭載した3台の実験車両を使って公道走行試験を実施すると発表した。

試験では、約50台のITS車載器を産学官関係者や一般ユーザーの車両に搭載し、幅広いデータの収集・分析する。

マツダでは、クルマ単体でできる安全技術だけでなく、ドライバーが見落としがちな「死角に潜む危険」の認知支援を行う安全技術は社会的なインフラと協調しながら技術開発をすることが必要であるとの考えから、広島地区における産学官共同によるITSの実証実験に参画する。

マツダは、道路に設置されたセンサーやカメラなどから情報を受信し、ドライバーに情報提供をするインフラ協調安全運転支援システムの開発で、ITS対応型ナビゲーションシステム(車載器)の開発と、ナビ上で効果的な情報を提供するためのHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)の開発を担当する。

また、公道実証実験への参画に加え、2月26日から28日までの3日間、広島地区でのITSの取り組みの一環として、警察庁が推進しているUTMS協会主催のイベントに、ITS車載器を搭載した「マツダMPV」3台を貸し出し、一般参加者に対しITS体験試乗会を実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集