全長18mの連接バス、神奈川中央交通が導入

自動車 ビジネス 企業動向

全長18mの連接バス、神奈川中央交通が導入
  • 全長18mの連接バス、神奈川中央交通が導入
  • 全長18mの連接バス、神奈川中央交通が導入
  • 全長18mの連接バス、神奈川中央交通が導入
  • 全長18mの連接バス、神奈川中央交通が導入
三菱ふそうトラック・バスは、メルセデスベンツ製のノンステップ連節バス「シターロG」を運行予定の道路事情に合わせ改良し、神奈川中央交通に4台納入したと発表した。

納入した車両は、2月初めから神奈川県厚木市にある小田急線本厚木駅前の厚木バスセンターと、同市の商業施設の厚木アクストを結ぶ路線で「ツインライナー」の名称で運行される予定だ。

シターロGは、2つの車両を幌でつないだ全長約18mのバスで、乗車定員は通常の路線バスの約2倍の131人。通勤ラッシュ時の輸送力が大幅に増大するとともに、環境保全、渋滞緩和などへの効果が見込まれている。

日本国内には初輸入で、世界では発表から約10年で、約5000台が運行している。シターロシリーズはヨーロッパで「バス・オブ・ザ・イヤー2007」を受賞している。

連節バスの導入は、国土交通省が進めている「自動車運送事業の安全・円滑化等総合対策事業」中の、日本型BRT推進(バスの定時性の確保)の一環として位置付けられている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集