【スバル フォレスター 新型発表】赤木目のインテリア

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル フォレスター 新型発表】赤木目のインテリア
  • 【スバル フォレスター 新型発表】赤木目のインテリア
  • 【スバル フォレスター 新型発表】赤木目のインテリア
  • 【スバル フォレスター 新型発表】赤木目のインテリア
  • 【スバル フォレスター 新型発表】赤木目のインテリア
  • 【スバル フォレスター 新型発表】赤木目のインテリア
富士重工業が12月25日に発表した新型スバル『フォレスター2.0XS/XT』のダッシュボードには、「赤木目」を採用している。日本市場では初だが、アメリカでは従来から採用されているもの。

スバル商品企画本部、デザイン部、デザイナーの雲野裕紀さんは、「フォレスターはグローバルに展開する商品で、“上質感”を求められます。ターゲットとなるユーザー層も年齢が上の方になります。ただ、茶色い木目にすると、狙いがシニア向けに見えすぎるので、赤木目にして、若いユーザーにも受けいれられたらと思っています。世界的に見ると、『レガシィ』のターボは赤木目なんです」と言った。

ダッシュボードは『インプレッサ』と共通だが、ロアのセンターコンソールは新設している。2つが接続したときの縦の流れを強調しているのにも、赤木目のパネルは貢献している。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集