【東京オートサロン08】マツダ流 スポーツチューニングの提案

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン08】マツダ流 スポーツチューニングの提案
  • 【東京オートサロン08】マツダ流 スポーツチューニングの提案
  • 【東京オートサロン08】マツダ流 スポーツチューニングの提案
  • 【東京オートサロン08】マツダ流 スポーツチューニングの提案
  • 【東京オートサロン08】マツダ流 スポーツチューニングの提案
  • 【東京オートサロン08】マツダ流 スポーツチューニングの提案
  • 【東京オートサロン08】マツダ流 スポーツチューニングの提案
  • 【東京オートサロン08】マツダ流 スポーツチューニングの提案
  • 【東京オートサロン08】マツダ流 スポーツチューニングの提案
マツダは、スポーツチューニングの提案として、『アテンザ』『アクセラ』『デミオ』『ロードスター』『RX-8』の「マツダスピードコンセプト」を東京オートサロン08に出品する。

「マツダスピードコンセプト」は、走行性能と扱いやすさを両立したモデル。ベース車の特性を最大限に生かしたトータルバランスチューニングを施している。

エクステリアは、「CD値を悪化させることなくCL値およびクーリング性能を改善する」といった、マツダスピード共通の空力パーツおよび冷却ダクトを採用。

インテリアは、ホワイトレザーを使用した「3Dネットスポーツシート」が特徴。シートは、サポート性を高めつつ、長時間疲れない日常の扱いやすさにも配慮しているという。

チューニングは、扱いやすさと耐久性を重視した、PCMチューンおよび排気パーツやパフォーマンスダンパーとオリジナルサスペンション&ダンパーを装着。手軽にストリート系スポーツが味わえる演出だ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集