【ダイハツ タント 新型発表】新解釈…キャビンはキャラ線から上

自動車 ニューモデル 新型車

【ダイハツ タント 新型発表】新解釈…キャビンはキャラ線から上
  • 【ダイハツ タント 新型発表】新解釈…キャビンはキャラ線から上
  • 【ダイハツ タント 新型発表】新解釈…キャビンはキャラ線から上
  • 【ダイハツ タント 新型発表】新解釈…キャビンはキャラ線から上
  • 【ダイハツ タント 新型発表】新解釈…キャビンはキャラ線から上
ダイハツ、新型『タント』で先代との大きな区別したポイントは、ドアハンドル下に走るキャラクターラインから上をキャビン、その下をロアボディと定義したこと。それを中心に、広さの表現を進化させている。

スタイリッシュさを求めれば、サイドグラスの縁に沿ったスライドレールの位置にすることもできたはず。第2デザイン部 開発グループ 課長の小山隆彦さんは、「人間の肘を置く位置を考え、(3本あるうちの2本目の)レールの位置を決めました」と、言った。2000ccクラスのミニバンのような手法が簡単に使えないことが、よくわかった。

その分、リア・クォーターピラーは“イキイキ”とした表情を持つ円弧のデザインを与えられている。「室内から見ると、“遊園地の乗り物”のような感覚に思えますよ」と、小山さんは言った。

スライドドアの弊害について訪ねると、「リアコンビランプの近くまでスライドレールがくるので、ランプをサイドまで回し込むことはあまりできませんでした。ですがバランスを考え、フロントの“ぼわーん”とした丸さに対して、リアは“シュッ”と切れ味よくしようと、考えての結果でもあります」と、答えた。

先代は、大きな凸段面のドアになっていて、“掘り込み”で見せていた前後のフェンダーも独特だった。小山さんは、「まず、スライドドアのレールの位置は早々に決まっていました。それから(ドア断面を中心として)デザインを進めていきました。先代のフェンダーは単なる一つの処理だったと思っています。それよりも立体で表現すべく、フロントからサイドへ、バンパー全体でフレアをつくっています」と、語った。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集