イタリアPND事情 part 2…もはや「バンドエイド」並み

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

イタリアPND事情 part 2…もはや「バンドエイド」並み
  • イタリアPND事情 part 2…もはや「バンドエイド」並み
  • イタリアPND事情 part 2…もはや「バンドエイド」並み
イタリアでPNDは、家電量販店、PCショップ、大型スーパーマーケットの家電コーナーで購入するのが一般的である。なお、イタリアには、まだ本格的な全国展開のカー用品ショップはまだ存在しない。

ここ数年は、ディスカウントスーパーなどに目玉商品として陳列されることも増えてきた。たとえばイタリアでも展開しているディスカウント店「ペニーマーケット」では近日、クリスマスの目玉商品としてacer製国内地図版が139ユーロで売り出される予定だ。

もちろん、メーカーの純正品も販売されている。フィアットグループはイタリア市場において、フィアット、ランチア、アルファロメオの全車種適応PNDをパーツリストに載せている。ベッカー社製のOEMで、欧州全域版の地図データが付く。

ただし、税別でも380ユーロと高価である。そのためTOMTOM欧州全域版の最新型が229ユーロで販売されているのと比べると価格競争力に乏しく、人気がない。

また、今年7月4日に発表された新型フィアット『500』には、ブルートゥース対応の専用PNDが設定されていたが、こちらは5カ月経過した現在も発売されていない。

イタリア市場では、一般的な据付型カーナビがほとんど普及しないまま、PNDの普及が始まった。したがってカーナビ=PNDという認識がある。

そうした中、人々の間では、「TOMTOM」が、PNDの総称・代名詞になりつつある。つまり、どのメーカー製のPNDでも「TOMTOM」と呼んでしまうのである。日本における「バンドエイド」「セロテープ」と同じような現象である。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集