トヨタ、昭和シェルなど、軽油代替燃料を使った公道試験

エコカー 燃費

トヨタ自動車、昭和シェル石油、日野自動車、シェル・インターナショナル・ペトロリアム、豊田通商は、FTD(Fischer-Tropsch Diesel)燃料を使用する公道走行試験を4日から開始した。

この公道試験は、国土交通省からの委託事業で、交通安全環境研究所が中心となって実施している「次世代低公害車両開発・実用化促進プロジェクト」の一環で、2008年3月まで実施する予定。

FTD燃料は、Fischer-Tropsch製法による合成液体燃料で、ディーゼルエンジンに適した燃焼特性と硫黄分・アロマ分を含まない性状を持つ。この燃料は排出ガスのクリーン化に寄与し、プロジェクトでの現行エンジンを使った先行試験結果では、軽油と比べ触媒などで後処理をする前の排出ガス中におけるPM(粒子状物質)を約50%、HC(炭化水素)とCO(一酸化炭素)を約20%低減できる。

また、市場導入時には既存のインフラを活用できるほか、天然ガスだけでなく資源が豊富な石炭やバイオマスからも製造可能なことから、エネルギーセキュリティの観点からも軽油に代わる代替燃料として有望視されている。

トヨタ、昭和シェル、日野は、交通研とともに、FTD燃料の有用性に着眼し、2005年10月からプロジェクトに取り組んでいる。研究では、FTD燃料用専用車両の開発を進めるとともに、現在、市販化されている車両でも、FTD燃料の使用が可能であることを確認するためのもの。

今回の公道試験では、冬季を含む長期にわたってFTD燃料が車両改造を伴わずに利用できることを実証するためのもので、車両に使用される燃料噴射系部品や、燃料ホースなどへの影響を調査する。試験車両は、トヨタ輸送の保有する車両積載用トラックを使用し、愛知県豊田市周辺およびトヨタ事業所間を走行して実証データを得る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集