タングーLNGプロジェクト資金調達完了

自動車 ビジネス 企業動向
三菱商事、国際石油開発帝石ホールディングス、新日本石油、三井物産、エルエヌジージャパンのタングーLNGプロジェクトパートナーは、インドネシア政府石油・ガス上流実施機関であるBPMIGASと国際金融機関6行との間でプロジェクト開発費用として総額約9億米ドルの融資契約を締結した。

これにより、昨年8月に調印された約26億米ドルの融資とあわせて、プロジェクトが予定していた総額約35億米ドルの融資すべてが調達されたことになる。

融資銀行団は、競争入札により選定されたIntesa Sanpaoro、三菱東京UFJ銀行、DnB NOR Bank、Bank of China、The Royal Bank of Scotland、みずほコーポレート銀行の6行で構成する欧州、中国及び日本の金融機関による国際的な融資調達が実現した。

タングーLNGプロジェクトは、インドネシア第3のLNGセンターとして、2008年末のLNG生産・供給開始を予定しており、建設は順調に進んでいる。9月末の建設進捗率は83%。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 豊田通商、メタンガス回収発電プロジェクトでの温室効果ガス排出権を取得 画像 豊田通商、メタンガス回収発電プロジェクトでの温室効果ガス排出権を取得
  • コスモ石油、カタールで石油ガスを探鉱生産 画像 コスモ石油、カタールで石油ガスを探鉱生産
  • 【SEMA07】東洋ゴム、TOYOブランドとNITTOブランドで出展 画像 【SEMA07】東洋ゴム、TOYOブランドとNITTOブランドで出展
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース