新日石、6月のガソリン小売価格下落へ

自動車 ビジネス 国内マーケット
新日本石油は、6月の国内の石油製品の卸価格について4油種全国平均で前月と比べて1リットル当たり2.9円引き下げると発表した。

このうち、ガソリンの卸価格は1リットル当たり3.6円の引き下げとなる見通し。軽油の卸価格は1リットル当たり1.2円の引き下げとなる。

灯油の卸価格は4.3円の引き下げ、A重油の卸価格が2.5円の引き下げ。

6月の原油価格に基づく7月のコストは前月と比べて1リットル当たり4.1円の下落となる。原油価格が中東のドバイ、南方のSLともに1バレル当たり5.8ドル下落したのに加え、円高ドル安の進行でコストは大幅に下落する見込み。このため、7月のガソリン卸価格は引き下げられる見込みで、小売価格の下落にもつながりそうだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 出光興産、ガソリン卸価格を0.2円引き上げへ 画像 出光興産、ガソリン卸価格を0.2円引き上げへ
  • FTD燃料・バイオディーゼル混合燃料を都バスで実証運行 画像 FTD燃料・バイオディーゼル混合燃料を都バスで実証運行
  • PV Japan 2010、ホンダが変換効率を向上した薄膜太陽電池を出展 画像 PV Japan 2010、ホンダが変換効率を向上した薄膜太陽電池を出展

特集