VWが米国内でディーゼル製造の可能性

エコカー 燃費
独自のクリーンディーゼルキャンペーンツアーをアメリカ国内で開始したVW・オブ・アメリカCEO、ステファン・ジャコビー氏が、今後VWが利益率アップのために北米でのディーゼルエンジン生産に踏み切る可能性を示唆した。

VWでは来年からディーゼルモデルのラインナップを米国内で販売する予定で、モデルを決定後、それに合うエンジンプラントを建設する意向だという。とりあえず来年春から販売が始まるのは2009年モデル『ジェッタTDI』で、現時点で全米50の州での規制に合致している。次に予定されているのは人気SUVモデル『トゥアレグ』で、2009年の販売を目指す。

エンジンプラント建設はディーゼルラインナップが固まってから、という見方もあり、現在期限などははっきり言及されていない。

VWのディーゼルキャンペーン、「ディーゼリューションツアー」は今後2か月かけて全米を回り、最終的に2008年スーパーボウルの会場でイベントを行う予定。

VWの広報、キース・プライス氏は、「クリーンディーゼルは従来のガソリンエンジンと比べて35%燃費が節約でき、音も静かで全く新しいディーゼルエンジンだ。VWでは今後クリーンディーゼルが米国での販売の牽引役になる、と期待している」と語るなど、ハイブリッドに対抗しうるエンジンとしてのディーゼルを強調した。

また、VWは米の環境保護団体、カーボンファンドとパートナーシップを組み、米国内で2007年9月から2008年1月までに販売されたVWの新車1台あたりが吐き出す炭化化合物の排ガスを「オフセット」する運動も実施中。VWは販売数に合わせた投資を行い、カーボンファンドが植樹によりエコシステムを守るという。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

  • 出光興産、DPF装着車用ディーゼルオイルを発売 画像 出光興産、DPF装着車用ディーゼルオイルを発売
  • 日産 アトラスH43 にハイブリッド車とCNG車を追加…OEMを拡大 画像 日産 アトラスH43 にハイブリッド車とCNG車を追加…OEMを拡大
  • 第2世代バイオディーゼル燃料のバスが営業運行 世界初 画像 第2世代バイオディーゼル燃料のバスが営業運行 世界初
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース