富士重、為替差益で中間期業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業は、2007年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

国内の新車市場が低迷しており、期初の目標販売台数の達成が困難なほか、海外でも主力の米国市場での見通しが不透明。加えて、原材料高騰などによる収益悪化も予想されると、している。

しかし、為替が円安で推移しているため、営業利益を前回発表よりも50億円増の100億円、経常利益を40億円増の50億円にそれぞれ上方修正した。売上高と当期純利益は前回発表を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集