バイオ燃料総合展示が開幕 日本初

自動車 ビジネス 企業動向

「バイオフューエルワールド」が11日、パシフィコ横浜で開幕した。バイオエタノールやバイオディーゼルなどのバイオ燃料製造・材料技術に特化した日本初のバイオ燃料総合展で、国内外から52の企業・研究機関が出展した。

バイオ燃料は温室効果ガスの排出抑制による地球温暖化防止や、大量消費による枯渇が懸念される化石燃料の代替燃料として世界的に注目されている。同展ではその最新の研究・開発成果が数多く紹介され、来場者が説明員の話を熱心に聞く姿が目立った。

また、セミナー会場ではバイオ燃料についてのさまざまな講演が行われ、席がいっぱいで立って聞く人もいたほど。13日には、トヨタ自動車BRエネルギー調査企画室シニアスタッフエンジニアの森光信孝氏と日産自動車技術開発本部技術企画部エキスパートリーダーの広田寿男氏による基調講演が続けて行われる。

同展は13日まで開催され、主催はIDGジャパン。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集