【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】プラットフォームは先代を踏襲

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】プラットフォームは先代を踏襲
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】プラットフォームは先代を踏襲
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】プラットフォームは先代を踏襲
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】プラットフォームは先代を踏襲
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】プラットフォームは先代を踏襲
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】プラットフォームは先代を踏襲
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】プラットフォームは先代を踏襲
新型トヨタ『ヴォクシー/ノア』の車体のベースとなるプラットフォームは、先代のものに改良を加えて採用している。

新型ヴォクシー/ノアのチーフエンジニアを担当した水澗英紀さんは「プラットフォームは先代と同じものをベースにしていますが、局所の剛性を強化したり、スタビライザーやブッシュを最適化することで、乗り心地と走行安定性を向上させています」

「また、エアロ系モデルには専用のスプリングとダンパーを採用し、電動パワーステアリングの設定もスポーティに振っています。さらにタイヤも16インチに拡大され、リヤはディスクブレーキに変更されていますので、より軽快な走りを楽しんでいただけると思います」という。

『カローラ』や『プレミオ』のように最近のトヨタ車は、プラットフォームを2世代に渡って使うケースが多い。プラットフォームの踏襲はコストカットされているイメージがあるが、実際には先代で蓄積した豊富なデータを使って開発を進められるというメリットもある。

パッケージングを大幅変更しない場合は、熟成されたプラットフォームを使って各部に改良を加えたほうが効果的な場合も多いのだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集