フォーラムエイト、ドライブ シミュレータを展示…バーチャルリアリティ展

自動車 ニューモデル 新型車

フォーラムエイト、ドライブ シミュレータを展示…バーチャルリアリティ展
  • フォーラムエイト、ドライブ シミュレータを展示…バーチャルリアリティ展
  • フォーラムエイト、ドライブ シミュレータを展示…バーチャルリアリティ展
「産業用バーチャルリアリティ展」が27日、東京ビッグサイトで開幕した。バーチャルリアリティ技術は現在、商品開発、医療、エンターテイメントなど、さまざまな分野で実用化され、より簡単に快適な環境で利用できるように開発が進められている。

それだけに今回の展示会でも、さまざまなバーチャルリアリティ技術が紹介されている。しかも、その映像は精密で、実際のものとほとんど変わらないほど。なかにはそんな技術を応用したドライブ・シミュレータを展示している企業もあった。フォーラムエイトがそれだ。

同社は道路や橋梁、トンネルをはじめとした大規模空間のバーチャルリアリティを作成できるソフトを開発している会社で、国土交通省をはじめ日本道路公団、大学、建設コンサルタント企業などが同社のソフトを利用している。

今回展示したドライブ・シミュレータは5月末に発売されてもので、その最大の特徴はユーザーがバーチャル映像を自由に作成できるところにある。しかも、その作成は簡単なPC操作だけ。あっという間に道路やビルなどがつくれるのだ。

価格は490万円で、量産OEMによって低価格を実現したとのことだ。「大学などの研究機関をはじめ、警察、教習所などに売り込んでいきたい」と同社関係者は話している。

なお同展は「設計・製造ソリューション展」、「機械要素技術展」と同時開催されており、開催期間は29日まで。主催はリードエグジビションジャパン。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集