【スバル インプレッサ 新型発表】発売1週間で月販目標の1.5倍

自動車 ビジネス 企業動向
【スバル インプレッサ 新型発表】発売1週間で月販目標の1.5倍
  • 【スバル インプレッサ 新型発表】発売1週間で月販目標の1.5倍
  • 【スバル インプレッサ 新型発表】発売1週間で月販目標の1.5倍
  • 【スバル インプレッサ 新型発表】発売1週間で月販目標の1.5倍
富士重工業は、新型スバル『インプレッサ』の発売1週間での累計受注台数が月販目標の1.5倍を上回る3829台となり、好調なスタートをきったと発表した。

新型インプレッサは6月5日に発売した。月販目標は2500台だが、発売開始1週間でこれを大きく上回る受注を獲得した。

受注内容を見ると グレード別では、実用域での扱いやすさと環境性能を両立させたベーシックモデルの「15S」が全受注の65.5%を占め、ターボエンジンを搭載したグランドツーリングモデルである「S-GT」が19.7%だった。スタンダードモデルの「20S」は14.8%。

ボディ色で最も人気が高いのは、スティールシルバー・メタリックで全体の24.1%、次いでサテンホワイト・パールが15.4%だった。

ユーザーの評価点としては、「スタイリッシュなデザイン」、「室内の広さ」、「ドア開口部の広さ」、「乗り心地の良さ」、「静粛性の高さ」、「1.5リッター車でもATがスポーツシフト付き」、「ボンネットがダンパー付き」などが好評としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集