【Forza Motorsport 2】プロの4選手、密談あり逆走ありで

モータースポーツ/エンタメ ゲーム
【Forza Motorsport 2】プロの4選手、密談あり逆走ありで
  • 【Forza Motorsport 2】プロの4選手、密談あり逆走ありで
  • 【Forza Motorsport 2】プロの4選手、密談あり逆走ありで
  • 【Forza Motorsport 2】プロの4選手、密談あり逆走ありで
  • 【Forza Motorsport 2】プロの4選手、密談あり逆走ありで
  • 【Forza Motorsport 2】プロの4選手、密談あり逆走ありで
17日に行われた、マイクロソフト『Forza Motorsport 2』発売記念の「メディア対抗トーナメント」。プロのレーサーによるエキシビジョンマッチは、波乱と混乱の末、服部尚貴選手が勝利。

レーシングスーツに着替えて再登場した、織戸学、谷口信輝、土屋武士、服部尚貴の4選手。かくてエキシビジョンマッチが始まったのだが、なんと手違いで、カテゴリーの異なるクルマが混走する事態に。

性能差がありすぎて勝負を途中で放棄した織戸選手は、実際にSUPER GT(スーパーGT)のチームメイトである土屋選手をフォローすべく(?)、鈴鹿を逆送するという暴挙に出たのであった。

そしてシケイン手前で待ちかまえ、1位の服部選手を狙うが、あっさりかわされてしまう。しかもあろうことか、2位走行中の土屋選手と正面からの大クラッシュ。しかも3位を走っていた谷口選手にもぶつけられず、最終的に、服部、谷口、土屋、織戸の順位となった。

1位の服部選手は、「S字ですれ違ってえらく驚いたので、次もあると予想していました」と勝因(?)を披露。2位の谷口選手は「チューニングカーじゃレーシングカーに勝てませんよ。負けて、悔しい!」とのこと。

3位の土屋選手は、「チームメイトに服部さんをやっつけてもらって、1位になる予定だったんだけど」と事前に密談があったことを白状。4位の織戸選手は、「いや、逆走なんて普通できないんで、いい経験になりました。逆走もリアルだね」という千両役者的なコメントで沸かしていた。

4名が口をそろえて「とにかくリアル」という本作、24日に発売だ。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集