スズキ、ワゴンR にCVT搭載車を追加設定

自動車 ニューモデル 新型車
スズキは、軽乗用車『ワゴンR』に燃費性能を向上させたCVT(無段変速機)搭載車を設定し、11日から発売開始した。

燃費を改善できるCVTの搭載車として、新グレード「FC」を設定したほか、『ワゴンRスティングレー』の「X」グレードにもCVT搭載車を追加した。

スティングレー「X」のCVT搭載車の燃費は、23.0km/リットルの低燃費を実現した。

スティングレーのXのCVT搭載モデルの価格は119万7000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集