輸入車ランキング4月…VWがトップ、ポルシェが9位に

自動車 ビジネス 企業動向
日本自動車輸入組合が発表した4月の車名別輸入車新規登録台数(実際はブランド別)によると、フォルクスワーゲンが4カ月連続でトップとなった。しかし、販売台数は前年同期比23.2%減の2535台と大きく落ち込んだ。

2位のBMWが同11.1%減の2442台、3位のメルセデスベンツが同26.3%減の2385台とともに大幅マイナスだったため、VWは僅差でトップをキープした。

4位はBMWグループMINIで同10.1%減の1010台だった。5位はアウディ、6位がボルボ、7位がトヨタ、8位がホンダ。9位にはポルシェでトップ10に復帰、10位はプジョーだった。

全体的に販売は低調で、トップ10で販売台数がプラスとなったのはボルボ、ホンダ、ポルシェのみ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集