日産と三菱がOEM拡大 双方向に

自動車 ビジネス 企業動向
日産と三菱がOEM拡大 双方向に
  • 日産と三菱がOEM拡大 双方向に
日産自動車と三菱自動車工業株式会社は3日、OEM供給の車種を拡大することで合意したと発表した。日産が三菱製の軽自動車調達を増やす一方、三菱は日産から小型商用車を初めてOEM調達する。

日産が新たに調達するのはワンボックスタイプの軽乗用車『タウンボックス』。5月から開始し、年間平均4000台の供給を受ける計画。

日産はこれまで三菱から、軽商用車『クリッパー』(三菱名『ミニキャブ』)と軽乗用車『オッティ』(同『eKワゴン』)の2車種を調達していたが、軽自動車の品揃えを強化、登録車の不振をカバーする。

一方、三菱は2008年秋から日産の小型商用車『AD/ADエキスパート』を年3000台の規模で、供給を受ける。それぞれの販売網の商品を拡充、提携効果を引き出す。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • スバル富士重へダイハツからOEM供給 欧州向け小型車 画像 スバル富士重へダイハツからOEM供給 欧州向け小型車
  • マツダ新中期計画 井巻社長「軽自動車に力を入れる計画はない」 画像 マツダ新中期計画 井巻社長「軽自動車に力を入れる計画はない」
  • スズキ07年OEM生産…2ケタ増、日産向け中心に 画像 スズキ07年OEM生産…2ケタ増、日産向け中心に

特集