【インプレ'07】岡島裕二 ホンダ『クロスロード』大都会にぴったりのSUV

試乗記 国産車

【インプレ'07】岡島裕二 ホンダ『クロスロード』大都会にぴったりのSUV
  • 【インプレ'07】岡島裕二 ホンダ『クロスロード』大都会にぴったりのSUV
見た目はゴツいSUV風だが、走らせた印象は完全なオンロード志向。SUV独特の腰高な印象はまるでなく、ホンダの低床ミニバンのような安定感の高いコーナリングを披露してくれる。

エンジンは『ストリーム』と同じ1.8リットルと2リットルが用意されているが、その違いはそれほど大きくは感じられないので、FFなら1.8リットルでもじゅうぶん。4WDを選ぶなら余裕を持って2リットルがいいだろう。

特筆すべきはプラットフォームを共用するストリームよりも285mmも短い全長でありながら、3列シートのパッケージングを実現している点。3列目に人を座らせると2列目の足もとは狭くなってしまうが、この全長で小柄な人ならマトモに座れる3列目を持っているのは立派だ。

四角いボディは見切りがよく、車両感覚も掴みやすいので、取りまわしもSUVとしては非常に優れている。まさに「SUVの機動力」「ミニバンのパッケージング」「コンパクトカーの手軽さ」が三位一体になっており、都会で乗り回すなら最適のSUVだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


岡島裕二| モータージャーナリスト
20代前半にレースの参戦資金調達のために自動車専門誌出版社に勤務。その後ウェブ編集者を経て、2003年よりフリーモータージャーナリストに転身。レース経験を生かした試乗インプレッションと、貧乏生活から芽生えた価値観をもとに、クルマの本質を鋭く分析。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集