【ホンダ クロスロード 発表】柔らかくてもオンロードではスポーティ

自動車 ニューモデル 新型車

【ホンダ クロスロード 発表】柔らかくてもオンロードではスポーティ
  • 【ホンダ クロスロード 発表】柔らかくてもオンロードではスポーティ
  • 【ホンダ クロスロード 発表】柔らかくてもオンロードではスポーティ
  • 【ホンダ クロスロード 発表】柔らかくてもオンロードではスポーティ
  • 【ホンダ クロスロード 発表】柔らかくてもオンロードではスポーティ
  • 【ホンダ クロスロード 発表】柔らかくてもオンロードではスポーティ
ホンダの新型クロスオーバーSUV『クロスロード』は、昨年ホンダが発売したミニバンの『ストリーム』と基幹部品の多くを共有する形で作られているが、ミニバンとSUVのキャラクターの違いを明確にするため、ハンドリングや乗り心地などの走りのテイストの部分はについては、かなり異なったチューニングになっているという。

「サスペンションの形状自体はストリームと同じですが、バネレートはストリームより柔らかく、ショックアブゾーバーの減衰力も低めに設定しています。ストリームがオンロードでのハンドリングを重視しているのに対して、クロスロードのほうはフラットダート、さらにはちょっとした山岳路などのオフロードでもパセンジャーが耐えられるよう、ストローク重視のセッティングにしたんです」(四輪開発センター・田代浩氏)

実際に乗ってみると、ストリームに比べて突き上げの少ない鷹揚な乗り心地が印象的だが、本格クロカン4WDと比べるとストローク感は少なく、あくまでオンロードを基本としたセッティングであることがわかる。

「SUVといっても、大型クロカンみたいに船のような乗り心地のクルマ作りはしません。柔らかくても、オンロードでは充分にスポーティな走り味を楽しめるようなチューンを目指しました」(田代氏)

ディーラーなどで試乗するさいには、ミニバンとの乗り心地の違いなども観察しておきたい。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集