マツダ、北海道で水素自動車の寒冷地テストに協力

エコカー 燃費

マツダ、北海道で水素自動車の寒冷地テストに協力
  • マツダ、北海道で水素自動車の寒冷地テストに協力
  • マツダ、北海道で水素自動車の寒冷地テストに協力
  • マツダ、北海道で水素自動車の寒冷地テストに協力
マツダは、北海道開発局からの依頼を受け、マツダ『RX-8ハイドロジェンRE』を使った寒冷地における水素自動車の利用調査に協力すると発表した。

調査期間は2月19日から23日の5日間。また、2月21日には室蘭市で、「水素エネルギーを利用した『環境と交通』シンポジウム」 が開催され、一般参加者を対象に『RX-8ハイドロジェンRE』の体験同乗試乗会や講演を行った。

今回マツダが提供する水素ロータリーエンジン車は、寒冷地用にタイヤを変更した以外はリース販売を開始している車両と同仕様。

北海道開発局では地球温暖化の要因の一つとされる二酸化炭素の排出がゼロの究極の燃料である水素について、積雪寒冷地域での利用を検討しており、副生水素が豊富で、道内でも有数の水素供給可能地域である室蘭市、登別市近郊で寒冷地調査を行うことを計画している。

室蘭市では地球環境にやさしい水素エネルギー社会を実現するための取り組みを地域ぐるみで進めており、室蘭を新しいエネルギー社会のモデルタウンとして世界中に情報発信を行う計画だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集