【マツダ CX-7 発表】スポーツカーとSUVが融合

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ CX-7 発表】スポーツカーとSUVが融合
  • 【マツダ CX-7 発表】スポーツカーとSUVが融合
  • 【マツダ CX-7 発表】スポーツカーとSUVが融合
  • 【マツダ CX-7 発表】スポーツカーとSUVが融合
  • 【マツダ CX-7 発表】スポーツカーとSUVが融合
2006年12月19日、マツダからスポーツカーとSUVの価値を融合させた新ジャンルのSUV、『CX-7』が発売された。CX-7は「スポーツクロスオーバーSUV」をコンセプトに掲げ、先進的で感動的なスタイリングと、抜群の動的性能をセールスポイントに激戦のSUV市場に打って出る。

CX-7の開発主査を担当した川崎俊介さんは「これからのSUVには、かっこいい、洗練された、乗り心地のよい、乗用車ライクといった、4つのポイントが必要になると考えました。そこでマツダは長年のスポーツカー作りのDNAを活かして、スポーツカーとSUVをクロスオーバーさせたCX-7を開発いたしました」

「CX-7はデザイナーのスケッチを、そのまま実車化したスポーティなスタイリングと、マツダならではの優れたハンドリング性能を実現しております。是非、実車に触れ、スポーツクロスオーバーSUVという、新しいSUVの風を感じていただけたらと思います」とコメント。

CX-7は今までのSUVにはない躍動感のあるスタイリングと、MPV譲りのパワフルなターボエンジンを搭載し、スポーティな雰囲気に満ち溢れている。まだ、日本のSUVは旧来のクロスカントリー発祥の流れを踏襲したモデルが多いので、CX-7のようなスポーツSUVという新しい流れも脚光を浴びてくるに違いない。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集