【ダイハツ ミラ 新型発表】広さと低燃費がウリ

自動車 ニューモデル 新型車

【ダイハツ ミラ 新型発表】広さと低燃費がウリ
  • 【ダイハツ ミラ 新型発表】広さと低燃費がウリ
  • 【ダイハツ ミラ 新型発表】広さと低燃費がウリ
  • 【ダイハツ ミラ 新型発表】広さと低燃費がウリ
  • 【ダイハツ ミラ 新型発表】広さと低燃費がウリ
  • 【ダイハツ ミラ 新型発表】広さと低燃費がウリ
12月18日、ダイハツ『ミラ』が7代目へのフルモデルチェンジを行なった。新型は初代から培ってきた、「スモールカーイノベーション」をコンセプトに掲げ、先代を大きく上回る性能を手に入れている。

先代ミラは、標準系と上級モデルの「ミラ・アヴィ」をラインナップしていたが、新型はアヴィに代えて、『ムーヴ』などで好評の「カスタム」を新設定。プラットフォームやパワートレーンも、ムーヴに使われているものをベースとし、室内空間と走行性能を大幅に進化させている。

新型ミラの開発を担当した、商品企画部の寺西俊英さんは「新型ミラのセールスポイントは、室内の広さと燃費のよさです。新型ムーヴと同じプラットフォームを採用したことで、室内長は『タント』と同じ2000mmを確保しました」

「また、パワートレインもムーヴと共通ですが、ミラのほうが車両重量が軽いこともあり、燃費がよくなっています。NAエンジンとCVTとの組み合わせで10・15モード燃費は1リッターあたり25.5kmを実現しました」

「また、このエンジンでは新型ミラで初めて採用された、アイドリングストップ機構を装備した、『Xリミテッド・スマートドライブパッケージ』では27.0km/リッターを実現しています」という。

事実、新型ミラの室内は広い。先代のミラが発売されたときにも、広さを増した室内空間には驚かされたが、新型はさらに広くなっている。また、燃費に関しても新型ミラは大きく期待が持てそうだ。

新型ミラはダイハツのスモールカーイノベーションが、さらに進化したことを実感させられる仕上がりになっている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集