【リコール】マツダ、ボンゴ などのロアアームで不具合

エコカー 燃費

マツダは2日、『ボンゴ』など5車種のロアアームに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

04年11月から06年4月までに生産された6万5756台が対象。フロントサスペンション製造工程で組み付け作業が不適切なため、ロアアームとロアアームボールジョイントの組み付けボルトで締め付けが不十分なものがある。

そのまま使用を続けるとボルトが緩み、最悪の場合、ボルトが折損して走行不能になる恐れがある。
《》

編集部おすすめのニュース

特集