スズキ、レッツ4 シリーズのカラーリングを変更

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ、レッツ4 シリーズのカラーリングを変更
  • スズキ、レッツ4 シリーズのカラーリングを変更
スズキは、スクーター『レッツ4』シリーズの車体色を変更して、「レッツ4」、「レッツ4G」を1月30日、「レッツ4パレット」を2月28日から発売すると発表した。

今回のカラーリングの変更は、レッツ4が既存の青(ターコイズブルー)を、深みのある紺「グラスコスミックダークブルー」に変更した。レッツ4Gは、既存の銀(ソニックシルバーメタリック)を、濡れたような質感を持つ銀「ミスティックシルバーメタリック」に変更した。

レッツ4パレットは既存のピンク(オーキッドピンク)と青(ターコイズブルー)を、やさしい色合いの淡い白「アイボリー」と、紺「グラスコスミックダークブルー」に変更した。

価格はレッツ4が10万4790円、レッツ4Gが12万4950円、レッツ4パレットが13万0200円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集