日産の中国合弁工場、累計生産台数が50万台を達成

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車の中国合弁工場の東風汽車有限公司の乗用車部門である、東風日産乗用車公司は、1月18日に累計生産台数50万台を達成したと発表した。

東風日産乗用車公司は計6車種を花都工場(広東省)、襄樊工場(湖北省)にて生産しており、50万台目は、襄樊乗用車工場で生産された『ティアナ』だった。

同社の吉田衛総経理は「50万台という累計生産台数は、延べ50万人のお客様に東風日産の車が届けられた証であり、我々にとって、大きな礎となる。この礎は、東風日産の事業がより強固なものとなり、力強い成長の勢いを保ち続けていることを示すだけではなく、生産能力、技術力、マネージメント能力、そして市場競争力において、一段高いレベルに上がったことを示している」とコメントした。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集