【トヨタ ブレイド 発表】ライバル意識よりはジャンル開拓

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ ブレイド 発表】ライバル意識よりはジャンル開拓
  • 【トヨタ ブレイド 発表】ライバル意識よりはジャンル開拓
  • 【トヨタ ブレイド 発表】ライバル意識よりはジャンル開拓
  • 【トヨタ ブレイド 発表】ライバル意識よりはジャンル開拓
  • 【トヨタ ブレイド 発表】ライバル意識よりはジャンル開拓
トヨタ自動車の新型プレミアムハッチバック『ブレイド』は、同社のファミリー向けモデル『オーリス』に2.4リットル直4エンジン+CVTのパワーパッケージを搭載し、内外装をより上質かつアグレッシブに変更したものだ。

そのモデルの成り立ちから、ライバルとしてはフォルクスワーゲン『ゴルフ』、プジョー『307』、マツダ『アクセラ』の上位モデルなど、欧州をメインマーケットとする2ドアモデルの名が上がりそうだが、製品企画を担当した吉ヶ崎健氏は「ブレイドが狙っているのは、それら既存の2ボックスモデルとは少々異なる、新しいポジションなんです」と語る。

「国内市場をみると、以前に比べて2ボックスモデルの占める割合は確実に増えています。市場が拡大すると多様化も進むんです。ブレイドは高い質感と余裕の動力性能を持つ2ボックスプレミアムとすることで、ニーズの多様化に応えるというモデル。ステップアップを狙う2ボックスユーザーはもちろんですが、3ボックスセダンのユーザーにも積極的に売っていきたいと思っています」(吉ヶ崎氏)

2ボックスのプレミアムモデルという切り分けでみると、先に述べた実用モデルよりはアウディ『A3』、オペル『シグナム』、アルファロメオ『ブレラ』など、少々伊達なモデルがライバルと言えそうだが、国内専用モデルのブレイドは走行性能のリソースを乗り心地に大きく割き、エンジン&トランスミッションもピーク性能ではなく低速トルクを重視するなど、ゆとりを重視したキャラクター。まさに“ありそうでなさそう”な新ジャンルを狙ったモデルと言える。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集