【東京オートサロン07】スポーティイメージで巻き返しを誓う三菱

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン07】スポーティイメージで巻き返しを誓う三菱
  • 【東京オートサロン07】スポーティイメージで巻き返しを誓う三菱
  • 【東京オートサロン07】スポーティイメージで巻き返しを誓う三菱
  • 【東京オートサロン07】スポーティイメージで巻き返しを誓う三菱
東京オートサロンが開催されている幕張メッセの中ホール奥に広大なブースを構える三菱自動車。

一般ユーザーに対しては初公開となるミニバン『デリカD:5』4台をはじめ、『コンセプトX』(今年デビュー予定の『ランサー』のコンセプトモデル)、昨年デビューの『パジェロ』、『eKワゴン』、さらに『アウトランダー』、『アイ』、『コルト』など、三菱が販売している乗用モデルのほぼすべてについて、カスタマイズ車両の展示を行っている。

ブースは例年と同様、黒基調のデザインで、スポーティさを前面に押し出している。大型スクリーンにはラフロードを疾走するSUVやラリー車などの映像を映し、ビートの利いた音楽をバックにコンパニオンがクールなダンスを披露する。ここ数年、絶不調だった三菱だが、今年は新型車とスポーティイメージで巻き返しを誓う。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集