【北京モーターショー06】トヨタ、新型カローラなど過去最大の出展台数

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタ自動車は、11月18日から27日まで、中国国際展覧センターで開催される「北京モーターショー2006」に、トヨタブランドとレクサスブランドの二つのブースで過去最大となる合計28台の参考出品車・市販車を出展すると発表した。

今回は、海外で初披露となる新型『カローラ』をはじめ、中国初出展となるレクサス『RX400h』(日本名:トヨタ『ハリアーハイブリッド』)などを出展する。

また、参考出展車として、『i-swing』と『Fine-T』の2台も出展する。i-swingは、人との一体感を広げた新しいパーソナルモビリティの形を提案する。また、Fine-Tでは、燃料電池ハイブリッドシステムの環境性能や、4輪独立の駆動力制御と大舵角機構による自在な動きにより、クルマ進化のビジョンを示す。

さらに「環境・安全」コーナーを設け、RX400hのカットボデー、『プリウス』のカットボデーと『レイツ』(日本名『マークX』)のクラッシュボデーの展示を行なうとともに、タッチパネルを使った衝突安全ボデー説明の機器を設置し、先進的な環境・安全技術を紹介する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集