【インプレ'06】木下隆之 スズキ『SX4』 曖昧なキャラ

試乗記 国産車

【インプレ'06】木下隆之 スズキ『SX4』 曖昧なキャラ
  • 【インプレ'06】木下隆之 スズキ『SX4』 曖昧なキャラ
『スイフト』の評価があまりにいいものだからこれも? と期待したのだが、僕にはどもか個性が曖昧に感じられてしまった。

3ナンバーに踏み込んだボディは、平凡な標準車とアウトドア仕様的なモデルをラインナップするものの、どっちが本物の『SX4』なの? と悩ませられることになる。

標準車の走りはよく整っている。だがそれ以上でも以下でもない。国際的なクルマにする、との意気込みだが、だったらスイフトでいいでしょと思わせられる。ちょっと大きいだけなのだ。

いっぽうのアウトドア仕様は、ハードクロカンに耐えるほどガッシリでもなく、都会仕様としては荒い。ミニバン的なフラフラ感も残るから、やっぱり消化不良なのだ。

つまり、だ。どんな人がSX4に引き寄せられるのがまったく見えてこない。僕のイメージが貧困なのか、保守的なのか? ということはつまり、海外向けってこと?


■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。『ジェイズな奴ら』を上梓するなど、作家の肩書きも。
《木下隆之》

編集部おすすめのニュース

特集