ヤマハ、市販ロードレーサーTZ250の07年モデルを発売

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ヤマハ発動機は、国内・海外の主要ロードレースで高い戦闘力を発揮し信頼を得ている市販ロードレーサー『TZ250』について、新たに鍛造マグネシウム製ホイールを装備した2007年モデルを設定し受注生産で発売する。

受注期間は11月16日−12月31日で、発売は2007年1月10日から。

また、「TZ125」についても2007年シーズンに向けて継続し受注販売する。

TZ250はGP参戦で得た技術を反映し、1973年に初代モデルを発売以後、世界GPから地方選手権まで多くの競技で愛用されるモデル。水冷2ストローク・クランクケースリードバルブ90度V型2気筒偶力バランサー装備エンジンを軽量アルミ製デルタボックスフレームに搭載しており、全域のパワーフィーリングと優れた加速性能を実現、ボディ関連も優れた空力性能・最高速性能、高速操安性を実現している。

2006年全日本ロードレース選手権・GP250クラスでは、TZ250を駆る横江竜司選手(チーム・森のくまさん佐藤塾仙台)がシリーズチャンピオンを獲得している。 

2007年モデルでは、従来の鋳造マグネシウムホイールから、鍛造マグネシウムホイールへ変更し戦闘力向上を図った。
 
購入者には全国の主要サーキットにて開催されるヤマハスクールを参加費無料で受講(1回)できる特典を設定し、モータースポーツの普及を支援する。

価格はTZ250が210万円、TZ125が104万7900円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集