ルノーはレッドブルに、フェラーリはトロロッソにエンジン提供

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

レッドブル・レーシングがルノーと来季のエンジン契約を交わしたことを発表した。

今シーズンはフェラーリエンジンを搭載し、計16ポイントでコンストラクターズ7位に終わったレッドブル、来季からはチャンピオンエンジンへスイッチする。一方、セカンドチームであるトロロッソはフェラーリエンジン搭載が正式決定。

今年トロロッソにV10エンジンを提供してきたコスワースはこれで正式にF1から姿を消すこととなった。いっぽう2007年フェラーリはスパイカーとトロロッソの2チームにカスタマーエンジンを提供する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集