トヨタ 統合安全コンセプト…プリクラッシュセーフティの進化

エコカー 燃費

トヨタ 統合安全コンセプト…プリクラッシュセーフティの進化
  • トヨタ 統合安全コンセプト…プリクラッシュセーフティの進化
  • トヨタ 統合安全コンセプト…プリクラッシュセーフティの進化
トヨタ自動車の統合安全コンセプトに基づいた新しい安全技術の一つは「プリクラッシュセーフティ」の進化版。

ミリ波レーダーで進路上の車両や障害物を検知して衝突被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティシステム」は、2003年2月に世界で初めて商品化し、『ハリアー』に採用した。その後、2004年7月には、前方カメラの搭載により、画像認識情報を加えることで、検知能力を向上。さらに、2006年3月には、室内カメラによるドライバーモニターシステムを追加した。

今回の新システムでは、新型ミリ波レーダーと新開発のステレオカメラの採用で「歩行者」の検知を実現するとともに、ドライバーの緊急回避操作を支援する。さらに、後方専用のミリ波レーダーで車両の接近を検知し、その車両に注意を喚起する後方対応機能を追加する。

事故をできる限り未然に防ぐ方向へ、さらに進化させたシステムとなる。

このシステムは、9月に発売するレクサス『LS460』に搭載される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集