【インプレ'05】河村康彦 日産『セレナ』 “高全高”空間は1BOX起源のポリシーだからか

試乗記 国産車

【インプレ'05】河村康彦 日産『セレナ』 “高全高”空間は1BOX起源のポリシーだからか
  • 【インプレ'05】河村康彦 日産『セレナ』 “高全高”空間は1BOX起源のポリシーだからか
歴史を遡ればそもそも1BOXワゴンに端を発するブランドだけに(?)、ステップワゴンとは対照的に今回も“高全高”のパッケージングをキープ。セールスポイントである「視界のよさ」はベルトラインをステップ状に下げた左右方向には実感できるいっぽう、前寄り配置気味のAピラーのお陰で、とくに右前方の死角は気になりがち。

2リッターエンジン+CVTが生み出す加速の能力は「まぁおおよその予想通り」という印象。法定最高速度プラスαからは風切り音がやや急増傾向を示すこともあり、100km/hまでがノンストレスでクルージングできる上限だ。

ステアリングフィールはフリクションが大きく、路面とのコンタクト感に欠ける。残念ながらこうしたテイスト、今や普及著しいEPS(電動パワーステ)付き車の中にあっても日産各車のそれが世界の最下位ランクだ。CVTを採用するお陰で、クルージング時の静粛性はなかなかのレベルを確保する。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集