【インプレ'05】松下宏 日産『セレナ』 5ナンバー枠最大のパッケージング

試乗記 国産車

【インプレ'05】松下宏 日産『セレナ』 5ナンバー枠最大のパッケージング
  • 【インプレ'05】松下宏 日産『セレナ』 5ナンバー枠最大のパッケージング
全長を5ナンバー車枠いっぱいにまで伸ばして広い室内を作ったのが『セレナ』のポイントだ。

確かに3列目シートの居住性はじゅうぶんで、ミドルミニバンの中でもっとも優位に立つだけの広さを備えるが、大きなボディにして室内空間を広げたのでは当たり前のこと。パッケージング的にとくに誇れるものではない。バネを使った跳ね上げ式の3列目シートはそれなりに便利なものながら、重量の増加につながるなどマイナス面もないわけではない。

2リッターエンジンの動力性能はかなり控えめなもので、トルクはそこそこ出ているが、パワー的には競合車に比べて見劣りする。でもエンジンの性能を効率よく引き出すエクストロニックCVTと組み合わされることで、走りの性能にはあまり不満を感じなくてすむ。

不満なのはエンジンよりも足まわりで、柔らかすぎるサス設定によってコーナーでは大きく傾いて不安感を感じさせる。制動時のピッチングなどももっと抑えて欲しい。


■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集