【インプレ'05】日下部保雄 レクサス『IS』 一体感ドライビングを意識

試乗記 国産車

【インプレ'05】日下部保雄 レクサス『IS』 一体感ドライビングを意識
  • 【インプレ'05】日下部保雄 レクサス『IS』 一体感ドライビングを意識
コンパクトにまとめたスポーツセダンで、重心位置も前後だけでなく左右にも注意を払って、乗員をセンターに集めるようにしている。

スポーツセダンらしいドライバーとクルマとの一体感を重視しており、クイックなステアリングレスポンス、パドルシフトによる6速ATなどドライバーを高揚させるアイテムが走りも盛り込まれている。

軽快なフットワークは狙い通りだ。ステア特性はややアンダーステアが強めで、リバースステアもあるが、ちょっとしたスポーツ走行ならスポーツセダンとしての面白さは存分に味わえるだろう。250でもじゅうぶんなパフォーマンスをもっているが、350となるとありあまるパワーをいかにに自制心を持って使うかにかかるだろう。

Sパッケージはさらにサスペンションが硬められ、ロールが抑えられるが、乗り心地はハードになる。お勧めは250だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

特集